macOS Big Surに追加導入したPython環境の削除手順

Pythonの導入状況をmacOS Big Sur導入直後の状態に戻すために、実際に行なった手順を以下にまとめた。作業前は、以下3つの異なる方法で導入したpython環境が導入されていた状態であった。これまで、これらの環境を明確に使い分けていた訳でなく、様々なサイトの記載内容に従い導入確認を続けてきた結果である。

 

上記Python環境の削除は下記手順で行った。

  • xcode-select --installで導入されたモジュールの削除
  1. 導入先ディレクトリの確認(参照:

    Technical Note TN2339: Building from the Command Line with Xcode FAQ)

         xcode-select --print-path
         例) /Library/Developer/CommandLineTools
  2. 導入先ディレクトの削除
         rm -rf (導入先ディレクトリ)
         例) rm -rf /Library/Developer/CommandLineTools

  • Python公式サイトより導入したモジュールの削除
    下記サイトを参考に実施

  1. "Applications"フォルダ直下のPythonフォルダの削除
         rm -rf /Applications/(Phtyonで始まるディレクトリ、複数存在する場合がある)
         例) rm -rf /Applications/Python 3.8
  2. /Library/Frameworks/Python.frameworkフォルダの削除
         rm -rf /Library/Frameworks/Python.framework
  3. /usr/local/bin直下のシンボリックリンクの削除
         ls -l /usr/local/bin | grep Python | awk '{print "ulink " $11}' で該当のシンボリックを削除するコマンドを生成
         上記で生成したコマンドを貼り付け実行
  4. .bash_profileのPythonのPATHを削除
         cd; ls -la | grep profile で対象となるプロファイル一覧を表示
         表示された各プロファイルをviエディターで開き、Pythonの定義箇所を削除
         source ~/.bash_profile を実行し更新後のプロファイルの内容を反映
  • Anacondaにより導入したモジュールの削除
  1. 下記記事に従いAnaconda3をmacOSから完全にアンインストールする

以上で、/usr/binに導入されているPython 2.x のみが残った環境になる。